無料ブログはココログ

おすすめサイト

2009年2月17日 (火)

カワズザクラ

太陽広場の河津桜です。

太陽広場で3分咲きといったところでしょうか?

3

他のカンヒザクラとかはまだ、つぼみも固いままです。

それにしてもこのピンク、冬のさなかには魅力的な色ですね。

5

syuさんのホームページのカワズザクラのページです。ごらんあれ。

http://www.botanic.jp/plants-ka/kawazu.htm

Banner_23 投票をお願いします!

2009年2月12日 (木)

ヒマラヤスギ

4_2

風が強かったのでヒマラヤスギの枝が落ちていました。

1_2

普段は見られないものが観察できたのでアップです。

コマみたいな形をした実みたいなもの。

3_2

タネとかが飛んでしまった残骸の松ぼっくり。

面白いかたちだねえ。

先っちょはよく落ちています。

タネとかの写真はこちらです。

5_2

雄花はいっぱい落ちているけど、雌花は見たことがないので、どこかにないかなあと思ったら、あったあった。

2

受粉が終わった雌花ですね。きっと。

今年の秋か来年の秋にマツボックリになるんでしょう。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年2月 7日 (土)

秋の終りのお月さま

1_3

12月の上旬に撮った写真から。

個人的に気に入ったので。

まだ銀杏の紅葉が残っているころでした。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年2月 4日 (水)

アベリア

1

太陽広場で1週間くらい前に撮った写真。

2

アベリアの種がかわいかったので。

遠目で見ると枯れた葉っぱがくちゃくちゃっとくっついているかのようなアベリアのタネ。

4

羽つきの羽のような形をしていて、直径1cmほど。

下に落とすとくるくると回りながら落ちて飛んでいきます。

3

アベリアの和名はハナゾノツクバネウツギ。

夏場によく咲く花に目を奪われて、タネまで見ることはあんまりないだろう、アベリア。

和名にちゃんとこのタネのことも表現されていました。

街路樹の下の植え込みにもよくつかわれているアベリア。

冬場の姿もご覧あれ。

日本のどこでも見かけるけど原産地は中国。狭山丘陵出身の植物ではないです。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月30日 (金)

ソシンロウバイ

3_2 前にロウバイが咲いたよーって言ってたお花。よくよく見てみたらソシンロウバイでした。

ロウバイは中が赤くて、ソシンロウバイは中も黄色。花もロウバイより少し大きめだそうです。

お花がいっぱい咲いたら、あたりに甘い香りが漂うようになりました。

知人のブログで詳しくお花のことを説明していました。ご覧あれ

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月29日 (木)

アセビ開花

Photo_2 公園管理所の右側のアセビがお花が咲いていました。

おひさまがいっぱい当たる上の方が咲いています。

かわいいねぇ。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月28日 (水)

カワズザクラ

Photo 太陽広場の河津桜が早くもつぼみがふくらんでいました。

河津桜は桜の中でも3月上旬から咲き始めます。

3

でもこんなに膨らんでいるってことは、もうすぐにでも咲きだしそうだねえ。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月25日 (日)

すずかけのきのタネ

1 少し前に「これ何だ?とやったタネの正体はこの木のタネ。

2

幹肌の模様を見ればぴんとくる人も多いでしょう。

街路樹でもよくつかわれているスズカケノキです。

3

どうして「鈴掛けの木」と呼ばれるかと言うと、鈴のような実がぶら下がるから。

特に葉っぱが落ちてしまったこの季節には、鈴のような実が目立ちます。

4

鈴のどこにどんなふうにタネができてるんだろう?というのが疑問でしたが、管理所の近くで落ちている実を発見。ようやく長い間の疑問が解消しました。

5

タンポポの種は花柄にくっついてタネがあり、タネを飛ばすための羽の部分は外側にくっついています。だからふわふわのボンボンみたいなのができるわけなんだけど、スズカケノキの場合は逆。

タネの部分は外側につんつん飛び出したところで、飛ばすための羽は内側に折りたたまれているようにあります。

6

面白いねえ。

管理所の人の話では春にもう少し近い頃になると、この鈴がばらばらになってタネが飛ぶのだそう。木の下に置いてある車などはタネまみれになって大変なんですって。

寒い冬も植物たちの作戦行動は絶え間なく行われていて、飽きることはありません。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月24日 (土)

トウカエデの森

Rimg1817 赤い葉、黄色い葉で美しかったトウカエデの森も今はすっきり。

美しいなあ。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月19日 (月)

これはなんの種?

6 下から上まで2cm弱。さてこれは何の種?

タンポポみたいに綿毛が付いているけど、タンポポとは似ても似つかない植物のタネです。

答えは明日。

Banner_23 投票をお願いします!

2009年1月14日 (水)

サルスベリ

Rimg1851

冬はお花こそ少ないけれど、色々な植物の意外な姿が見られて面白い。

太陽広場のサルスベリには鈴のような形をした実がついています。

茶色で堅い感じがするサルスベリの実。どうやって散布されるのかな? 鳥が食べるんじゃないよね?

  投票をお願いします!

2009年1月11日 (日)

スイセン

Rimg1866 おとといにアップしたロウバイの足もとに咲いていた白い水仙のお花。花の直径3cmくらい。

12月の後半から咲いています。

品種はわからないなあ。

株が広がっているので、かなり昔に誰かが植えたものなのでしょう。

誰かの残したお花が今年もちゃんと咲く。

ちょっとロマンを感じます。ふふ。

  投票をお願いします!

2009年1月 9日 (金)

ロウバイ咲いた

Rimg1861 狭山公園内にはいわゆる園芸植物を植栽したものは少ない。

春を真っ先に告げてくれるロウバイもないかな?と思っていたら、灯台元暗しで、公園管理所の脇にありました。

公園管理所に向かって右隣りにある植栽の中にあります。

木は高さ2.5mくらいかな。

ひっそりといるので気がつかないかも。

ようやく数輪がロウ細工のような花びらを広げたところでした。まだまだしばらくは楽しませてもらえそう。

顔をよせたらロウバイのとてもよい香りがしました。

Meratia praecox 蠟梅 中国大陸原産

日本には江戸時代初期に渡来。観賞用に植えられています。

花びらがろう細工のような光沢があるから蠟梅と思っていましたが、花が蠟月(12月)から咲くので呼ばれるようになったという説もあるそうです。

  投票をお願いします!

2008年12月31日 (水)

ヒマラヤスギのマツぼっくり

200812140241 昨日のバラの花のような素敵なお花は、実はヒマラヤスギのマツぼっくりの先っちょでした。まつぼっくりが落ちてくると枝に近い方がバラバラになってしまって先っちょだけバラの花のような形で残るのです。

面白いですね。

マツボックリが何かといえば、マツの木の実です。

木の実なのでタネが入っています。

マツボックリのひだとひだの間にヒラヒラのパラフィンみたいなのが見えます。

200812140271

この先に付いている膨らんだところがマツのタネにあたる部分。

乾燥して松の傘は開くので、このパラフィンみたいな翼にたよって松の種は飛んでいきます。

松の実として売られているのは、日本のアカマツやこのヒマラヤスギとは違いますが、マツボックリの中に入っているタネの部分です。もっと知りたい人はこちらへ。

寒い冬、おサルさんなどは高い木の枝に残ったマツボックリの中に残った栄養豊富な松の実を食べて飢えを凌ぎます。

2009年もそろそろ終わり。よいお年をお迎えください。

  投票をお願いします!

2008年12月30日 (火)

ヒマラヤスギの花

200812140231

ヒマラヤスギの雄花を紹介したので、お花の紹介です。

雄花と同じ頃ヒマラヤスギの木の下に落ちていて、クリスマスのリースなどに金や銀の着色されて飾られているこれ。

バラみたいで綺麗でしょ。

ヒマラヤスギのお花です。

…嘘です。

答えは明日。

2008年12月29日 (月)

ヒマラヤスギの雄花

200812140221 1ヶ月前くらいからこんなのがいっぱい道に落ちています。

なーんだ?

ヒマラヤスギの雄花が落ちてきたものです。

子どもたちは知らないので道に落ちてる山のような雄花を見て「キャー、毛虫!!」と大騒ぎ。

お花なの。

怖がらないでくれると嬉しいな。

ヒマラヤスギは杉と名前がついているけれど、れっきとしたマツの仲間。アカマツとかは春に花が咲くけど、ヒマラヤスギは秋に花が咲くのね。今まで知りませんでした。

アカマツのお花はこんなんです。ごらんあれ。

«しいたけ